異業種交流は大事

IT業界と言えばどうしても若者が活発に活動する業界をイメージしてしまいます。

しかしながら、企業として活動している以上は個人、企業との取引が非常に重要になってきます。ここで重要になってくるのがIT業界に就職してくる若者のコミニケーション能力の問題です。実際にスキルはあってもコミニケーション能力がないためにビジネスとして進められないことが多々発生しています。その課題を解消するためにIT業界に中高年が転職してくることの意義も非常に重要だと考えられます。なぜなら他の業界で様々な経験を積んで、どのようにビジネスを進めていけば良いのか、企業や個人とのコミニケーションはどのように行えばよいのかを実態をもって、IT業界でしか働いたことのない若者にしっかり伝えてくれるからです。

もちろん、マネジメント能力やコミニケーション能力だけでは通用しない事は分かっていますが実際には企業として重要なスキルになってくることは間違いありません。