経験を活かした技術者になる

40歳を超えた技術者は体力的にパフォーマンスが落ちてくると言われていますが、そうとも限りません。最近は、ITエンジニアが不足していると言われており、未経験者を育成するのも一つの方法ですが、やはり即戦力を求めることも多々あります。

となると、年配でも経験のあるエンジニアを求めることも少なくありません。年配者のメリットとしては経験を活かして色々な試行錯誤が出来ると同時に知識が豊富でプロジェクト目メンバーが知らないことを知っているケースも結構あることです。

逆にデメリットは、若手と違い素直さがなくプライドが高く自分のやり方に拘ってしまい、プロジェクトの方針に従わないケースも多々あり、使いづらいこともあります。プロジェクトリーダーが若いとなかなか年配者に指示を出しにくいこともあります。

なので、経験だけでなくある程度は素直さを持っている人を持っている人が望ましいと言えます。その点は、人の目を見る人事採用担当者が明確に判断する必要があります。