技術者から管理職への転身

ITエンジニアは、ある程度の年齢のなると、やはり若いエンジニアを育成する為の能力やプロジェクトを円滑に進捗する指導力が求められることもあります。しかし、全員が管理職になるかというと現実はそうでありません。なので、中高年となると、IT業界の生き残りゲームになってくるといえるでしょう。なので、中高年者と採用となると、管理職を目指そうとしている方が望ましいです。管理職の経験があれば有利なのは間違いないですが、経験が無くても、それを目指す為に努力している傾向があれば、まだ転職の可能性はあります。今までのエンジニアとしての知識や経験を活かして、キャリアアップを図るといいでしょう。

その為には、まずは若手エンジニアとどれだけコミュニケーションをとれるかが重要になってきます。若手は中高年世代と生きてきた背景が異なるため、価値観も異なります。なので、そのギャップを理解するための努力が必要になります。中高者から積極的なアプローチを心掛けて下さい。