40歳からのIT業界への転職

私は、現在40歳、実家の農業を継いで、畑仕事にいそしんできましたが、その先行きの不透明感に、危機感を感じずにはいられず、

転職も考えていましたが、何せこの年齢からの転職ですので、その一歩が踏み出せず、躊躇してきていました。

しかし、40歳を迎え、50代になってしまう前までには、という気持ちが強くなり、真剣に転職を考えるようになりました。

転職するにあたって、まず、自分に多少なりとも興味があるものではありたいと、この年齢ながら思いました。

しかし、年齢が年齢ですので、大概の職種は年齢制限に引っかかってしまうでしょう。

自分に関心があり、尚且つ中高年でも比較的転職しやすい職業を、と考えた時、昔から趣味だったパソコン、

そしてそれに関連しているIT業界は、人手不足であり、中高年の転職が目立っている、という点を重ね合わせ、

IT業界への転職を決意しました。

畑仕事で食物を日々生産していたこともあり、何かもの作りに携わりたいと、SEを希望しました。

プログラミングは未経験ですが、独学でhtmlやphp等を勉強していましたし、転職に向けて、

「MTA(マイクロソフトテクノロジーアソシエイト)」の資格も取得したおかげもあるのか、

又人手不足の影響もあってか、どうにかこうにか、某企業に内定をもらうことができました。

しかし、どの仕事でもそうですが、その仕事内容を覚えるのは、年齢による記憶力の衰えも影響して、

覚え、身にすることは、並大抵のものではありませんでした。

そして、IT業界は日進月歩なので、新しく覚えていかなければならないことが山積みです。

何度も諦めかけましたが、持ち前の負けず嫌い、勉強好きを生かし、今では何とかそつなく仕事をこなせるようになってきました。

IT業界は人手不足であり、実力世界でもあるので、年齢に縛られず、高収入も期待できる業界です。

しかし、覚える量は半端なく、又、中高年ならではに求められる、経験、人格、人間性、スキルなども必要となってきます。

中高年の転職は、その難題を乗り越えられるだけの、大きな覚悟や努力、忍耐が必要となってくるでしょう。