IT業界への中高年の転職はIT知識がなくても可能か?

IT業界への中高年の転職は、もしもIT業界未経験でも可能性はゼロではないと思います。なぜなら、IT業界に属する会社の規模にもよるとは思いますけれど、IT関連会社のなかでも総務や経理の仕事というものがあるからです。

私が在籍していたIT関連会社のなかでも、経理を担当している男性はほとんどパソコンのことはわかっていなかったところがありましたからね。いや、アプリケーションソフトは使うことができますよ。けれども、ホームページを作ること、そしてパソコンをつなげることなどに関しては、知識がまるっきりないという印象でした。

しかし税金や会社のお金のことなどはものすごく詳しくて(当然でしょうけれど)、役所に出す書類の書き方を聞いたら惚れ惚れするほどにテキパキと答えてくれましたからね。しかし、パソコン操作には四苦八苦していて、そこのギャップが印象的で覚えていますね。

ですから、IT業界への中高年の転職についても、ITに関する知識がなくとも案外平気なのではないかなと思うわけです。現に私が以前いた会社の経理の人はITの知識は乏しかったわけですから。

中高年でもIT業界転職者は新しい会社に最初は従おう

私が以前、在籍していたIT関連会社に、中高年の転職者が時々入ってきていましたね。もちろん、中高年の転職者のほぼすべての方がIT業界内での転職です。webに関係のない仕事をしていない方のがIT業界内での転職は、私が知る限り総務部を除いてはいないですね。現場に入る人のほとんどが前職もがIT関連会社にいたーという人たちばかりでした。そしてアラフォー、アラフィフといった年代のがIT職人の方々ですからね。ですから「自分のやり方」というものを持っている人も多いわけです。「自分のやり方」と言わないまでも、「前の会社でのやり方」を持ったまま、そしてそのやり方を転職先の会社でも適用させようとする転職者の人もいるわけなのですよね。そうなりますと、もう予想ができるように、現場で衝突が起こりますよね。大きな衝突ではなかったりするのですが、進め方の違いはイザコザの元になったりしますので。ですから「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、中高年のIT転職者の人は新しい会社のやり方に最初こそは従った方がいいように思うのですよね。心象を悪くしないためにも。そして慣れてきて、自分がプロジェクトリーダーになれば、自分のやり方で進めたらいいと思うわけです。

中高年のIT転職は派遣も視野に入れるべき

中高年のIT転職でも派遣も視野に入れるべき。
自分の好きな仕事をする中でIT業界の仕事をする事を考える方は大変多いのです。素敵な仕事をする事で収入ややり甲斐を得る事は大変重要な事となるのです。IT業界は大変なハードワークとなるような場合が多いのです。そのような業界の中でいかにして素敵な仕事をするかはやはり派遣等も十分に視野に入れていきながら最適な仕事をする事が重要な意味を持つのです。派遣社員は時間的にも業務不可が少ない分、やはり、スキルのみを効果的にアウトプットする事が可能となるのです。素敵な時間を過ごす事や働き方に以前のような正規雇用が全てという考え方は全近代的な問題となっています。素敵な自分の仕事をする中で本当に自分のワークライフバランスを考えるのであれば普段からこのような派遣としての生き方等も十分に考える事が重要な意味があるのです。普段の自分の働き方の中でこのような働き方をする事が重要な事となるのです。是非、本当の自分が働きやすいと考える働き方で働いてみる事も考えてはいかがでしょうか。

 

中高年はやはり管理職を志望するべき

IT業界は大変多くの方が今後の注目できる分野として大変大きな関心を持っているのです。普段からこのような分野の中で自分の仕事やスキルを磨いていく事は大変重要な意味があるのです。素敵な仕事をする中でこのような最適な仕事をする事で本当に素晴らしい時間を送る事ができるのです。IT業界での中高年にもなるとやはりそれまでの経験を活かしていきながら、更に高度なマネジメントを学習したり、そのようなスキルを会社で発揮する事が重要な意味を持つのです。管理職はやはり普段から工程管理等をトータルに行っていく能力が今後も求められるのです。このような能力を磨いていく事で素敵な自分でいる事ができます。工程管理やプロジェクト管理等のたかい能力を磨いていく事でより素敵な人生をより素敵に愉しんでいく事ができます。素敵な仕事をする上でもこのような普段のスキルや自分の組織の中での有り様などを考える事が大変重要な自分のスキルアップの方法となるのです。